スウィープホワイト 脇 黒ずみ

メラニン(メラニン色素)とは・・・

メラニンはシミのもとになるというイメージが強くあります。
肌にとって悪いもの!と考えてしまいますが、
実は肌を紫外線や刺激から守る大切な働きをしています。
メラニンは人間だけでなく、他の動物、植物、また一部の菌類などにも形成される色素です。
黒色メラニンと肌色メラニンの2種類があり、黒人・白人・黄色人種で肌の色や髪の色に違いがあるのは、黒色メラニンと肌色メラニンの量が異なるためです。

 

黒色メラニンの量が多いほど、肌や髪の色が黒く濃くなっています。
加齢によって黒髪が白髪になっていくのは、メラノサイトを生み出す幹細胞の衰えによるもので、毛根でメラニンが生産されなくなるためです。

 

メラニンの働き

メラニンは、メラノサイトによって生成されています。
メラノサイトは紫外線・摩擦などの刺激を受けるとメラニンを作り出します。
肌細胞が紫外線の刺激を受けないようにするためです。
メラミンが生成されることで、紫外線によるDNAの破壊や皮膚癌の発生を、未然に防いでいます。
色素は肌トラブルや病気を防ぐためになくてはならない物質と言えます。

脇の黒ずみ